library

覆面調査員がホテル評価

 覆面調査員による宿泊施設の認証制度を一般社団法人観光品質認証協会(東京・千代田)が4月から始める。2120項目に及ぶチェックリストから旅館やホテルを評価する。口コミ評価とは違い客観的な評価基準をもとに、訪日客の宿選びの参考にしてもらう。

 同協会は宿泊施設を1~5つの星で評価する「サクラクオリティ」をすでに実施、これまでに107施設が認証を受けている。4月に始める「新生サクラクオリティ」は3つ星を超える評価を獲得した施設を対象に「最高の宿」を認定する。

 これまで厨房などにも立ち入り、設備や安全性、快適性など約300項目を評価していた。新制度は複数の覆面調査員が実際に宿泊。チェック項目を大幅に増やし、サービスやスタッフの接遇力も重視する。認証を受けた施設は4月からホームページで公開する。調査は有料で、施設側にも課題を発見し改善に取り組む契機にしてもらう。

出典:日本経済新聞電子版2018年3月29日https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2867311028032018EAF000/

お問合せはお気軽にどうぞ 〈平日 9:00〜18:00〉

TEL 03ー3580-2341

株式会社日本ホテルアプレイザル事務所内

メールでのお問合せはこちら
ページトップへ戻る