よくあるご質問

サービスについて

Q.全国対応可能でしょうか。

A.全国のDMO組織と共同プロジェクトとして進めるプログラムです。ただしDMOの準備がない地域あるいは、DMOと共同化前の地域に所在する宿泊施設様につきましては、弊協会との契約において、個別対応させていただきます。

Q.認証を受けるにあたりどのような手続きが必要でしょうか。

A.弊協会と協賛契約あるDMOがある場合、当該DMOあるいは観光圏にご依頼いただく形となります。3サクラを超える調査結果が期待できる場合には、直接弊協会にご依頼いただく形でフェーズⅡ調査を行います。また、DMO等が無い場合は、弊協会と直接ご契約いただきます。ご契約に関しましては、関連法令の遵法性に関する資料の確認後、フェーズⅠ調査の日程調整を行い、サクラクオリティを始動いたします。

Q.調査からどのぐらいの期間で結果が分かるのでしょうか。

A.フェーズⅠ調査は約半日の現地調査を行います。調査結果は2年間有効とし、調査後速やかに結果のご報告を行います。フェーズⅡ調査(2000項目を採用したインスペクション付き品質認証)では、弊協会から調査を受託した専門調査員による覆面調査を実施いたします。その場合には、調査後約1週間程で調査結果をフィードバックいたします。

Q.ミシュラン、フォーブス等の点数とどのように違うのでしょうか。

A.サクラクオリティは、勝手格付けではなく、受託ベースでの品質認証プログラムです。また調査結果については、ご参加施設の関係者(所有者、経営者、運営者)それぞれの合意を頂けた場合に限り、情報発信を行います。

ホテル・旅館運営者様向け

Q.点数を上げる為に必要な改善項目を教えて頂けるのでしょうか。

A.調査項目は、ご参加施設でのアンケート調査結果や弊協会独自のパフォーマンスデータ分析等に基づき、顧客ニーズを反映した基準構成となるよう、毎年基準見直しを行います。その結果、どのようなサービスが改善できれば、高い効果があるのか等情報のフィードバックを行うことができます。

Q.従業員には事前に知らせて調査を実施されるのでしょうか。

A.フェーズⅠ調査は覆面調査ではございませんので、事前に日時を調整させていただきます。フェーズⅡ調査では覆面調査となりますので、調査日はお伝えいたしません。

Q.事前に準備すべきものは何かありますでしょうか。

A.以下のような関連法令に関する遵法性を事前に確認した後、調査を開始いたします。
一 旅館業法第3条の都道府県知事の許可
二 食事の提供など飲食物を取り扱う場合、食品衛生法第52条の営業許可書
三 過去一年以内に旅館業法、消防法、食品衛生法の法令違反により罰則を適用されていないことの確認
四 建築物の耐震改修の促進に関する法律の耐震診断の実施とその結果の報告を行っていること(耐震診断結果に問題がないこと)
五 保健所による公衆浴場における直近の水質検査に適合していること
六 直近の消防検査に適合していること等

金融機関様向け

Q.融資先への調査を依頼する事は可能でしょうか。

A.サクラクオリティは、フェーズⅠ調査とフェーズⅡ調査の2段階がございます。フェーズⅡ調査は、覆面調査でございますので、ご依頼いただき、調査対象施設様の品質調査をご提供することが可能です。

Q.新規出店前に近隣エリアの調査を依頼する事は可能でしょうか。

A.弊協会は、品質認証及び顧客ニーズ分析を中心に行い、それら情報をご参加施設様に有効活用していただく為に設立いたしました。弊協会でのサービス内容でご対応が困難な場合は、信頼できる調査会社をご紹介させていただくことも可能です。

その他

Q.今所属している組織で、調査員として仕事をする事は出来ますでしょうか。

A.調査員研修を定期的に実施して参ります。まずはお問い合わせよりお問い合わせをお願いいたします。

株式会社日本ホテルアプレイザル事務所内

メールでのお問合せはこちら
ページトップへ戻る